fbpx

― ⾞じゃないと⾏けない場所に価値がある ― 新たな⾞旅を提供する Carstay がホストの本登録を開始

2018/12/04

⾞中泊・テント泊が可能な駐⾞場と、その地域ならではの⽂化体験を提供するホストを募集

Carstay 株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下晃樹、以下当社)は、2019 年 1 ⽉にリリース予定の、旅⾏者に快適な移動と感動体験を提供する、⽇本初のシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」に、駐⾞場や⽂化体験の掲載を希望するホストの本登録を開始します。URL:https://carstay.jp/owner

Carstay のしくみ
Carstay(カーステイ)は、安全・快適に⾞中泊をして、その地域ならではの⽂化体験を満喫することで、⾞旅をもっと楽しみたいゲストと、空き地・空き時間を有効活⽤して、収益化したい地域のホストを繋ぐ、 2019 年 1 ⽉にリリース予定のシェアリングサービスです。URL:https://carstay.jp

Carstay ホスト募集中!
当社は、Carstay に登録いただけるホストを募集しています。ホストは「駐⾞場ホスト」と「体験ホスト」の2種類があります。「駐⾞場ホスト」は、⾞1台分のスペースさえあれば、施設の空いている駐⾞場や空き地、キャンプ場等にてすぐに導⼊可能です。また、「体験ホスト」は、既存の体験アクティビティから、これから⽂化体験を旅⾏者に提供してみたい⽅まで、幅広く登録可能となっています。ホストは、Carstay マップに「ステーション」を掲載することで、旅⾏者が予約決済をした後に収⼊を得ることが出来ます。

・Carstay ホスト本登録ページ URL:https://carstay.jp/owner

Carstay ホストになる3つのメリット

①空いているときだけ、駐⾞場・⽂化体験を収益化:駐⾞場ホストは、好きな⽇の夜間に、駐⾞場・空き地を貸すことが出来ます。毎⽇・平⽇・⼟⽇祝のみ OK で 1 台分から登録可能です。体験ホストは、好きなときに、旅⾏者向けの⽂化体験を登録・販売することが出来ます。

②登録するだけで、施設の集客につながる:近年増加中のインバウンド客の誘致や、旅⾏者の店舗への集客に繋がります。特に、レストランや銭湯等を有する施設、景⾊の良い場所は⼈気があります。

③Web の PR・予約・決済すべて無料:Carstay ホスト登録は完全無料。Web アプリ・スマホアプリへの施設掲載、オンライン予約決済、多⾔語化対応にかかる、全ての費⽤が無料です。(販売⼿数料を除く)

Carstay が解決出来る地域課題
以下の3つの地域課題を Carstay は全てクリアしていきます。

①宿泊施設不⾜:お祭りやイベント等により、⼀時的に宿泊施設が不⾜する地域において、Carstay を導⼊することにより、安価&スピーディに宿泊場所を増設することができ、宿泊施設不⾜を解決できます。

②インバウンド集客:多⾔語対応・海外 PR により訪⽇外国⼈を集客することが出来ます。外国⼈ドライブ観光推進協議会会⻑の原⽒によれば、ドライブ観光客の地域観光消費額(宿泊・レンタカー代除く)は 1⽇ 6300 円/⼈にのぼることから、訪⽇外国⼈の⻑期滞在化による、地域消費拡⼤を図ることが出来ます。

③キャッシュレス対応:オンラインによる予約決済・管理サービスを、ホストはシステム導⼊費⽤無料で利⽤出来ます。そのため、施設オーナーの負荷軽減と、旅⾏者の快適な決済環境の整備に繋がります。

また、当社はホストをご紹介頂ける事業者様や、地域の観光を盛り上げたい⾃治体様との連携に積極的に取り組んでいます。事業連携に興味がおありの事業者・⾃治体様は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

会社概要

  • 会社名 : Carstay 株式会社
  • 所在地 : 東京都新宿区新宿 5-15-14 INBOUND LEAGUE 301 号
  • 代表取締役 : 宮下 晃樹 / Koki Miyashita
  • 設⽴年⽉⽇ : 2018 年 6 ⽉ 1 ⽇
  • 事業内容 : 旅⾏者と駐⾞場ホストを繋ぐアプリ「Carstay」の開発
  • 資本⾦ : 2,250,000 円
  • 主要取引銀⾏ : 三井住友銀⾏・みずほ銀⾏・りそな銀⾏

    【本件に関するお問い合わせ先】
    Carstay 株式会社 代表取締役 宮下 晃樹
    Tel:03-3546-9329   E-Mail:info@carstay.jp
    Web ページ:https://carstay.jp/

  • このメディアは「地方創生」を「業界」として定着させ、そこで活躍する人を可視化し応援する為に生まれました。

    RECOMMEND

    JavaScriptをOnにしてください>

    タグ

    ページトップへ