なかやま牧場ECサイト制作

地域事業者にとってのECの課題

「お肉のことなら、なかやま〜♪」のTVCMでおなじみ、広島・岡山で抜群の知名度を誇る「なかやま牧場」のECサイトがリニューアルオープンし、そのお手伝いを当社が担当いたしました。

なかやま牧場と言えば、広島県民なら誰しもが歌える、超有名なCMソング。その事業内容は幅広く、自社農場を中心としたブランド牛の飼育、食肉加工およびそれを販売する直営の総合食品スーパー10店舗の経営までを一気通貫で行っています。直接販売だからこそ牛肉相場に左右されず、流通コストも抑えられ、安定した価格での商品提供が可能。また、飼育方法も実にユニークで、日当たりの良い清潔な牛舎で育てられた牛には、トウモロコシや亜麻仁由来の成分が含まれる飼料を一定期間与え、味わいのある赤身に上質なサシが入った美味しい牛肉を育てています。

安全で美味しい、しかし価格はスーパーの国産牛並というコストパフォーマンスが良いお肉、それがなかやま牧場が提供する「なかやま牛」です。

▲なかやま牧場直営の総合スーパー『ハート』

当然、自社のECサイトを保有されていましたが、その売上額は直営スーパーとは大きくかけ離れたものでした。リニューアル前のECサイトは、10年前に立ち上げたもので、スマホ対応がなされていないだけでなく、管理画面上での商品の入れ替えも、その都度制作会社に依頼しなければならない状態。最初にご相談いただいた時は、改善したいという現場担当の思いはありつつも、費用がかかるので二の足を踏んでしまうという状態でした。

次のステップを見据えた提案

そこで当社からご提案したのは、いま利用者が増えているASPサービスを使ったオンラインショップの開設です。もちろん、スクラッチでECサイトを立ち上げるご提案も可能でしたが、それには膨大な費用・時間がかかり、運用面でもなかやま牧場様にEC専用のスタッフをつけた対応が必要になってきます。

ECサイトの種類やそれに応じた想定の売上規模などをまとめ、それぞれのメリット・デメリットをお伝えした上で、まずは安価で運用も簡単に始められるASPサービスででオンラインショップのリスタートを切り、一定の売上額を超えたところで自社のECサイトに切り替えていくことが最適ではないかと判断しご提案をいたしました。

加えて、リニューアルにあたり商品の見せ方についても改善のお話をいたしました。リニューアル前に使っていた画像や説明文は、商品説明としては不十分。上述のなかやま牧場の「良さ」が伝わりにくいものでした。そこでほぼ全ての商品を再撮影し、文章も全面的に書き直しています。

リニューアルから約3ヶ月経ちますが、現在のオンラインショップの売り上げは、昨年と比較して約2倍となり好調なスタートとお聞きしています。

本当に商品力があるなかやま牛だからこそ、今後のプロモーション次第でもっと大きく売上を伸ばされていくことと思いますし、当社としても引き続きお手伝いをしていきたいと思います。

ページ上部へ戻る