Dear Okinawa,〜沖縄の工芸&クラフトショップ運営〜

2019年3月18日、那覇空港に新しくオープンした新ターミナルビル2Fのショッピングエリア「YUINICHI STREET」で、私達は、ゆいまーる沖縄株式会社と共同で、工芸やクラフトの商品を販売するリアル店舗「Dear Okinawa,(ディア沖縄)」をオープンしました。

沖縄は隠れた「クラフト・工芸」の人気地域

沖縄のクラフトや工芸の世界には、すでに人気の作家さんがたくさんいます。
もちろん沖縄出身の方もいれば、特に東日本大震災以後、日本各地から移住して来られた中から、人気作家になっている人も数多くいらっしゃいます。
数年前からカフェ巡りとクラフト巡りは、沖縄好きの女性には人気の旅の目的になっています。
それに加えて、ここ数年のホテルや商業施設建設ラッシュなども相まって、実は沖縄クラフト・工芸産業は、既にかなりの盛り上がりを見せています。

そんな中、ありがたいご縁でこの出店に関するご提案の機会をいただいたときに、私達は考えました。
「空港内という特殊な条件を生かして、単に品物を仕入れて販売する以上のリアル店舗ができないだろうか?」

もともとデジタルマーケティング畑出身で、各地でやはりデジタル中心の地方創生事業を展開してきた弊社にとって、いくら場所がいいとしても、リアル店舗でのビジネスだけで簡単に成功できるとは思えません。また、どうせやるなら、やっぱり「地域の産業振興」「移住のきっかけ」になるようなビジネスモデルを考えたいと思いました。

沖縄をクラフト作家の登竜門に。

そんな中で社内で議論を重ねるうちに、一つのアイデアが浮かびました。それは、前述のような経緯で全国から集ってきたセンスあふれる作家さんたちが、これからさらにたくさん沖縄に集まるためのアイコン的な店にしてはどうかということです。
ご存知の方も多いと思いますが、ここ数年、クラフトやハンドメイドは日本全国でそのマーケットが広がっています。というのも、minneやCremaなどのマーケットプレイスが大人気で、自分が作った作品を売れる市場ができあがってきたからです。国内No.1のminneは、なんと流通総額100億円超。アプリのダウンロードは1,000万件以上、登録作家数も50万を超える規模に成長しています。

こうした流れを取り込んで、沖縄の新しい一面を作ることは可能なんじゃないか。「クラフト作家として沖縄でデビューするのが夢」という人を増やせば、沖縄の新しい産業振興と、移住促進、さらには沖縄旅行の新しい目玉を同時に作ることができると考えました。

沖縄の伝統工芸産業は、当然歴史もありますが、同時に各地から若い人を受け入れる寛容さも備えています。既に知る人ぞ知る沖縄旅行の楽しみを、もっとメジャーなものにできれば、これは私達が目指す「地域マーケティング」そのもの。ぜひ実現させたいと思うようになりました。

コラボレーションを生み出す施策も

同時に、こうした地域産業振興を主眼とした主旨なら、沖縄のマーケットに進出したい企業や、クラフトマーケットの拡大を狙う企業、更には地域の名士的な企業で、地場産業や事業者支援などに関心の高い企業とのコラボレーションも可能なはずです。
そこで、この事業のコンセプトを「Craft Gateway Okinawa」と名付けてご提案したところ、4社ものご賛同をいただきました。はじめに手を上げていただいたのは、KDDIウェブコミュニケーションズ様です。誰でも簡単にホームページが立ち上げられるJimdo(ジンドゥー)というサービスを運営されています。利用数は国内だけでもなんと170万以上というメジャーなサービス。それだけに利用者の中には既に沖縄のクラフトや工芸の作家さんも多数いらっしゃるとのことで、そういう皆さんに、まさに販路拡大のお手伝いができればとの主旨でご賛同いただきました。

また、前述の国内ハンドメイド市場のリーダー的な存在である「minne」を運営するGMOペパボ様にもご賛同いただきました。minneの作家さんに「沖縄」をテーマにした作品を作っていただき店舗で販売するのと同時に、「沖縄Tシャツ」などのテーマを決めたコンテストを行い、アワードを提供するなどの合同企画も展開しています。

さらには、私達が沖縄で事業をはじめたきかっけを作っていただいた、沖縄セルラー電話(※)様にも参画いただいています。長年携わらせていただいた沖縄CLIPでの当企画の情報発信と、同社が県内各地で製品開発や販路開拓に携わる地産品の販売支援をさせていただきます。(※実際の事業は沖縄セルラーアグリ&マルシェ株式会社とご一緒しています)
そしてなんと県内の代表的な地方銀行である沖縄銀行さんにも、この企画の主旨へのご賛同からの協賛をいただき、県内の様々な企業との橋渡しをご支援頂く予定です。

こうした企業との共創の機会を生かして、これからも様々な企画を実現させたいと考えています。また別の分野の新しいパートナー企業を募集し、さらにこの企画の幅を広げていきたいとも思っています。

事業開始:         2019年3月〜
店舗所在地: 沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港際内連結ターミナル 2階
営業時間 :        7:00-20:30
URL:              https://dearokinawa.com/
EC(minne):    https://minne.com/@dearokinawa
facebook:     https://www.facebook.com/DearOkinawa/
Instagram: https://www.instagram.com/dear_okinawa/

 

関連プロジェクト

  1. 沖縄CLIP

ページ上部へ戻る