fbpx
[連載] どこに住む?どこで働く? 今、注目したい 市町村のクニづくり
全国

どこに住む?どこで働く?今、注目したい市町村のクニづくり

全国的な人口減少トレンドの中、新たな豊かさの創造に取り組む市町村長がいます。どこで暮らし、働くか。移住や事業創造を目指すNATIV.読者の皆様に新たな価値軸、判断軸を提供するべく、”クニ”づくりの先端を走るトップと、実務を担う公務員の方々の生の声をお届けします。

第一回 奈良県生駒市

生駒市は奈良県最北部に位置し、生駒山を挟んで大阪府に隣接しているベッドタウン。大阪中心部から電車で約30分の郊外住宅地であり、県外就業率は50%を超えています。利便性に注目が集まり、地域に対する愛着度は低いと思われがちですが、生駒市民の定住意向率は85.7%と、全国平均よりも20ポイントも高くなっています。突出して高い”民忠誠度”をいかに維持しているのか、そのクニづくりに迫ります。

市長 小紫雅史さん
定住意向率85.7% 市民に愛されるベッドタウンから始まる「自治体3.0」 - 公務員の副業解禁&官民連携イノベーション

いこまの魅力創造課 課長補佐 大垣弥生さん
広報誌革命に続いてオトナ女子会を事業化。 前例に捉われない実践で市民の地元愛を育む

奈良県生駒市

・人口 : 12万870人(2017年度)
・税収 : 2109億円 (2012年度)



第二回 三重県鳥羽市

全国の海女(あま)の約半数が働き暮らす三重県鳥羽市。伝統の継承にとどまらず、海女文化の価値を漁業・福祉・観光・環境の視点から多角的に再定義し、地域資源として生かし始めています。その顕現としての「海女のまち条例」をはじめ、具体的な施策を伺いました。

市長 中村欣一郎さん
全国初「海女のまち条例」を制定。海女の”当たり前”を地域資源と定義し活用する

企画財政課 岩井太さん・観光課 高浪七重さん
市民が主役で行政は黒子。漁業と観光と福祉の連携を通じたまちづくりとは?

三重県鳥羽市

・人口:1万8,359人(2018年度)
・石高:775億円(2009年度)



著者 東大史(ローカルイノベーションプロデューサー)

2008年より地域活性化事業に携わる。2011年、地域おこし協力隊一期生として岡山県美作市に移住。集落営農化や都市農村交流、自然エネルギー導入など、現場発の事業立ち上げを成功に導く。その後、地域おこし協力隊の地域横断型ネットワーク一般社団法人村楽を設立し、理事に就任。2015年4月 まち・ひと・しごと創生本部「地方創生人材支援制度」の民間派遣人材として北海道奈井江町のふるさと創生アドバイザーに就任。地域の民間企業を中心とした地域経済活性化を志向している。

このメディアは「地方創生」を「業界」として定着させ、そこで活躍する人を可視化し応援する為に生まれました。

RECOMMEND

JavaScriptをOnにしてください>

タグ

関連記事

ページトップへ