瀬戸内Finder

setouchifinder

日本最大のDMO※のマーケティング・プラットフォーム開発

政府の地方創生の柱となる観光立国戦略の中心に、日本版DMO(※)の立ち上げがあげられています。 「一般社団法人 せとうち観光推進機構」は、数多く立ち上がり始めているそのDMOの中でも、 もっとも広域を担う先進事例として注目を集めています。
同社は、兵庫県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県の 7つの県の合同プロジェクト「瀬戸内ブランド推進連合」を引き継ぎ、2016年3月に立ち上がりました。 まずは、瀬戸内地域の来訪意向を高め、昨今増え続けているインバウンド観光客を中心に据えて、 域内の観光事業の実質的な底上げを図っていく予定です。
この中で、瀬戸内Finderは、地域が独自保有するメディアとしてマーケティングとブランディングの役割を担い、 瀬戸内ファンを可視化し、新たな観光コンテンツや観光事業の開発にも貢献していきます。 現在は、Webサイトを中心にし、Facebook、InstagramなどのSNSや旅系のキュレーションメディアに情報を拡散する、 分散型メディアとして運用しており、そのメディア力を大きく育成していくフェーズにあります。 掲載されている記事は、瀬戸内地域在住の10~15名からなるフォトライターによる独自取材のもので、 ユニークな視点や美しい写真が、多くのユーザーの支持を得ています。 また、瀬戸内地域の観光の特徴となる「アート、自転車、クルーズ、おみやげ、宿泊、グルメ」の 6つのテーマを強調しそれぞれを深く掘り下げる情報展開を図っていく予定です。
(※ DMOとはDestination Marketing/Management Organizationの略で、地域全体の観光マネジメントを一本化する、着地型観光のプラットフォーム組織のこと。)

瀬戸内地域のマーケティング戦略を反映したメディアの企画・運営

NATIVは、この事業の立ち上げ時からのパートナーとして、瀬戸内地域のブランディングとマーケティング戦略に沿った活動を行っています。 具体的には、ウェブサイト、SNSの企画・開発・運営、パートナー開発、ライター組織運営、記事作成、撮影、編集、コンテンツ企画、事業化企画・支援など様々な役割を担っています。

「瀬戸内」専門観光メディアNo.1に

Web:月間PV約17万、月間訪問者数約7万人
Facebookページ:ファン数50万人以上、月間リーチ約150万人
タイアップ実績多数
(※数値は2015年度の概算max値)
事業開始:2014年7月〜

メンバー募集してみませんか
ページトップへ