おっタマげ!淡路島

awajishima

淡路島全体のブランディング・プロジェクト

「いいものは沢山あるのに、これといったイメージが湧かない」これは多くの地域の共通した課題だと思います。
淡路島も、美味しい魚や肉、そして有名な玉ねぎの産地として素晴らしい土地ですが、関西の近隣以外の地域の人々には、なかなかその存在は浮かんできません。 そこで、なんとか日本中が驚くような淡路島の魅力を発信するために、そのブランド訴求を思い切った手法でやってみようと始まったのが、このプロジェクトです。 プロジェクトオーナーである、株式会社うずのくに南あわじと共同で、「道の駅うずしお」の店舗を中心にして、 「おっタマげ!淡路島」と題したそのメッセージを発信するためのちょっとユニークな仕掛けを次々と展開しています。

地域のブランド戦略と、効果のある企画実行の両立

具体的には、ブランドメッセージの企画・検討、具体的な施策のアイデア精査、進行管理・プロデュースを担当。 地域の特徴を掴んだ独創的なメッセージを伝えるブランドメッセージをうちだすとともにそれを効果的に広げ、 具体的な集客につなげる企画に落とし込んで、実行し、大きな効果を生んでいます。

広告試算価値なんと約1億5千万円! 脅威のPRと訴求を産んだ「玉ねぎキャッチャー」

このプロジェクトから生まれた「たまねぎキャッチャー」は、なんと開始後累計5万プレイを超えました! 新聞、テレビ、Webなどのメディアに紹介され、その広告試算価値は2015年9月時点で約1億5千万円(※)に達するなど、 店舗集客含めて大きな効果を生んでいます。
※「たまねぎキャッチャー」の情報が露出した媒体の広告宣伝効果について、PR会社に試算を依頼し算出。 事業開始:2015年5月〜

メンバー募集してみませんか

このメディアは「地方創生」を「業界」として定着させ、そこで活躍する人を可視化し応援する為に生まれました。

RECOMMEND

プロジェクトのご紹介

CATEGORY

TAGS

メンバー募集してみませんか
ページトップへ