うなぎの寝床にみる「弱者・地域ベンチャーの戦い方」、情報を売るものづくり
福岡県

うなぎの寝床にみる「弱者・地域ベンチャーの戦い方」、情報を売るものづくり
株式会社うなぎの寝床

お金もない。人もいない。実績もない。圧倒的な弱者。
一体これは何の話だろう。ベンチャー企業のことである。この表現には多少の誇張があるとしても、大企業と比較したときに弱者であるというのは、間違った話ではないだろう。ここで、話を「地域ベンチャー」に絞ってみる。日本国内に限れば、首都東京以外を拠点とするベンチャーを指すとする。言ってしまえばこちらはもっとひどい。企業内だけではなく、その周辺でもお金・人の流通が少ないのである。当然それらのリソースを得る機会は都市に比べ減ることになる。
しかし、そのような弱者「地域ベンチャー」の戦い方を示唆する企業が、福岡・八女にある。「うなぎの寝床」。その戦い方を紹介する。

株式会社うなぎの寝床

九州の筑後地方に拠点をおき、その地域の魅力的な「ものづくり」をアンテナショップや通販を通して発信する異色のベンチャー。立ち上げ期にプロデュースした現代風久留米絣もんぺは大きなヒットとなり、東京や大阪など全国で販売される。外部から資金調達をせず、売上高は年1.3~1.5倍のペースで安定成長を継続する。2017年は12月決算で年間1億7,500万円程度の売上を見込む。(10月時点)

物は「商品」と「情報」に分かれる。

この見出しの言葉は、うなぎの寝床代表・白水高広氏の言葉だ。この言葉のあとはこう続く。

“「商品」は「機能」と「価格」に分かれる。”

分解図

うなぎの寝床の社内資料

ここで、「商品」と「情報」のおおまかなイメージはつかめるものの、まだ判然としないのではないか。そこでこれから具体例を用いて説明する。が、その前に先に結論を述べてしまおうと思う。地域ベンチャーは、この「情報」で勝負すべき、というのがこの記事の結論である。この結論に導くべく、まずは「商品」とは?「情報」とは?という話から入る。

どちらの剣(ソード)が欲しいか

唐突な見出しに驚いたかもしれないが、今回は物の具体例として勇者の剣について考えよう。あなたは、これから魔物を倒す冒険に出るために勇者の剣を買い求めているとする。武器屋には2本の剣A、Bがある。あなたはこの2本から1本を選ぶのである。

さて、2本の剣の見た目は酷似している。見分けがつかない。しかし、剣AはBより攻撃力が高く、かつ安い。一方、剣Bは高価で性能も優れないものの、長年の間、歴史に名を残す勇者たちが受け継いできた剣だという。

あなたはどちらを選ぶだろうか。多くの人が、それほど迷わないとしても、意見が分かれるように思われる。実際アンケートをとったわけではないが、Aを選ぶ人もBを選ぶ人も一定数いるだろう。そしてこの例が、「商品」と「情報」を理解するのを助けると同時に、「情報」で物を売る戦い方の勝算を暗示しているのだ。

「商品」とは、「情報」とは

先ほどの例を用いると、「商品」とは剣の攻撃力や軽さといった性能、そして価格のことである。「商品」とは、「機能」と「価格」のことだからだ。言い換えるとこれは、物の経済的な面だ。

このメディアは「地方創生」を「業界」として定着させ、そこで活躍する人を可視化し応援する為に生まれました。

RECOMMEND

CATEGORY

TAGS

RECOMMEND

メンバー募集してみませんか
ページトップへ