fbpx
さらなるファンづくりと成長を目指して。異色の起業家とともに愛媛を魅せる事業と人を生み、育て続ける会社へ。
愛媛県

さらなるファンづくりと成長を目指して。異色の起業家とともに愛媛を魅せる事業と人を生み、育て続ける会社へ。
株式会社エイトワン・株式会社伊織

愛媛松山をベースにエッジの効いた風を吹かす、異色の起業家が率いる会社がある。株式会社エイトワン。代表はメディアでもそのバックグラウンドが有名すぎる大籔さん。道後温泉で大浴場のないユニークな宿をつくり、今治タオルを取り扱うタオル専門店をスピード全国展開し、伝統の食文化鯛めし食堂を再生したかと思えば、みかん農家を盛り上げるオリジナル高品質ブランドを立ち上げる。この馬力とビジネスマインドあふれる同社で、創業からともに歩むパートナーであり伊織を率いる経営者、村上さんと同社の今とこれからを紐解く。

株式会社エイトワン・株式会社伊織

2006年の創業以来、愛媛県松山市を拠点に愛媛のファンづくりをミッションに小売・ブランド経営・飲食・宿泊施設などを次々に展開。今治タオルを取り扱うタオル専門店「伊織」、とってもユニークな体験ができる宿「道後やや」などとともに、創業代表の大籔さんは異色な経歴から全国的にも有名に。投資、再生、地場産業の活性など世代をつなぐ事業や活動も積極的に取り組む。
>コーポレートサイト

記事のポイント

  • 創業から10年、そのチャレンジのスピードと、そこからの多くの学び。
  • 道後温泉なのに大浴場すらない!?次々に愛媛ファンを増やすユニークホテルの強さ。
  • 長く続け、育てる。リスクをとっても次の世代へとつなげる投資と、これから。

松山道後から、全国へ、世界へ。

「とにかく色々やってきましたね。最初はホテルやろうかと思うんだけど、からはじまって。」

村上さんは、同社グループで最大の事業会社である今治タオルを取り扱うタオル専門店「伊織(いおり)」の代表を務めながら、エイトワン社の常務取締役も兼任している。この日も、颯爽と伊織のフラッグシップ店である道後湯之町店の吹き抜けの二階から笑顔で私たち取材チームを迎えてくれた。

この店舗は2017年3月にオープン、道後温泉本館からも目の前の好立地。そして、ここから数分のところを含め、なんと松山市と道後エリアで3店舗目!だという。それもどれも直営。この時点で、一般的な店舗小売ビジネスの常識を超越している。それでいてエリア業績は大幅増収という。各店舗で売上を食い合い、売上は変わらないということもなかった。さらにこの広大な売り場、元パチンコ店。それをリノベーションしたとは思えないほどの空間。東京では難しそうな手法だけれど、ここでは計算も合うのだとか。

ここで少し道後温泉について触れてみよう。かつては熱海のようにいわゆる温泉街としてもどちらかといえば団体慰安旅行の色が強い観光地だったと言われる。それがこの数年間で、女子旅での人気温泉地となり、インバウンドも増えるなど大きな変化を見せた。国内でもギアチェンジとイメージチェンジを成し遂げた温泉地のひとつと言えるかもしれない。その背景には、パチンコ店を含めた風紀や雰囲気の改善に加え、「道後オンセナート」という新進気鋭のアーティストと連携したアートプロジェクトの開催などがある。

オススメ!関連記事:
道後をアートの街に!温泉街での官民連携一大プロジェクトの立役者にインタビュー

作品イメージ:蜷川実花「道後温泉本館インスタレーション」(2017年10月1日~2018年5月31日公開)

このような地域全体としての転換期と機運もしっかり活かしながらの事業機会を広げている同社。一方で、いわゆる「乗っかる型」のような事業創りではないのが同社の特徴であり、スピードの源泉とも言えるかもしれない。事業資金や開業投資などは、基本的に同社の自己資金でリスクをとって、自ら立ち上げている。一般的に地域でリアルなコンテンツを開発する事業者は、行政の予算や補助金、指定管理者制度の活用などが多い。これは事業者にとってリスクが少ないが時間や条件の制約が出やすい。加えて、経済的な自立や継続反復性などが不透明になりがちで、撤退判断がしづらいなど実は事業リスクは別のベクトルで潜在する。

同社は次々に事業を立ち上げ、時には撤退をスピーディーに行うことができる。村上さんも、よくわからなかった事業(笑)や、失敗した事業もあるという。それができるのは同社の社風、大籔さんのパーソナリティに加え、伊織という基盤事業、それを支える村上さんの存在が大きい。

売上で半分以上を引っ張る伊織。

伊織はエイトワンの中での主力事業。売上高15億円超の小売事業として同社の成長エンジンでありドライバとなっている。その強さは、先に紹介した松山市と道後エリアだけでも3店舗、しかもそれぞれ成長していることからもわかる。 実際に店舗に足を運ぶとわかることがある。それは、どの店舗も画一的でないこと。それでいてブランドの空気感が一貫した場所であること。たとえば、フラッグシップ店はショーケース的な要素が強く、2階では体験型のエリアもある。一方で、温泉街入口の店舗はお土産やギフトなどに向いた商品が幅広くラインナップされている。

「この新店舗も最初は社内外で色々言われましたよ。これから道後温泉本館が改修工事になるのにあえて、いま、ここで、広さ最大の店舗を出すなんて…と。」 「でも私は全然悲観的ではなかったです。むしろそういう逆境や難しいとポジティブなんです。これまでもだいたいそんな感じでしたしね(笑)」

伊織 道後湯之町店

小売店舗の開発では、ショールーム性と販売効率性(経済合理性)のバランスがとても難しい。そこに体験やエンターテインメント性などを入れ込むと一層難易度が高くなる。さらに直営ドミナントなのだからブランド力だけでない店舗戦略の強さがうかがえる。同時に、やはり率いる村上さんのそのポジティブなマインド、スタンスが大きな存在なのだと感じさせられる。サラリーマン、大企業では難しそうだからやめておこう、それにすでに近隣に店舗あるし。となるだろう。それに関係なく、チャレンジし、その後もそれを続けることができる人がリーダーとして存在していることはやはり大きそうだ。

「伊織で半分以上、そして、道後ややなどの宿泊事業で売上は多くを占めています。利益率ベースでは同等程度です。今後は伊織をさらに強くしていくことはもちろん、一つ一つの事業を育てていきたい。」

このメディアは「地方創生」を「業界」として定着させ、そこで活躍する人を可視化し応援する為に生まれました。

RECOMMEND

JavaScriptをOnにしてください>

タグ

関連記事

ページトップへ